end of shite

虚無に向けての日記

いわゆる小さなスナックで

ブログは大抵副業の待機中に書いていて、ブログを書けるくらいお客さんがいないってことです。

ノスタルジックとダサさのちょうど真ん中のような空間は文章を書くのにぴったりです。

文章をろくに書かず喋らず生きてきましたので支離滅裂で何が言いたいのか、果たして言いたいことなんてあるのか、私は何を考えているのか自分にも分からない状態でイライラしたりしながら生きています。働きたくないという強い意志だけは持ち続けています。

いろんな出来事や思いを文章にしようとしてもなかなか上手くいかなくて、喋る時って身振りや表情や相手との関係性のおかげでなんとかなってるんだなって実感します。

忘れたくないことがたくさんあるのでなるべく書き留めていけたらいいなと思います。

無限にも思える待機時間は文章を書くのに最適で、待機時間のないみなさんは普段どんな時にブログを書いているのでしょうか。

やっとお客さんが来たので今日の虚無日記はおしまいです。