end of shite

虚無に向けての日記

我慢は体に毒だとは言いますが

最近なんか自分がすごく怖くてなんとかしなきゃと思っている。

全然なにも我慢できてないな自分?!と唐突に気がついた。これまで無自覚だったのやばい。

1人で暮らし出して13年くらい経っていてたまに実家に2日以上滞在すると蕁麻疹ができるくらいしんどい。定番だけど食事や風呂の時間が決まっていること、ラジオを流しっぱなしにできないこと、水回りがあまり綺麗ではないこと、お風呂あがりに裸でいられないことなど挙げればきりがないが、自分の満足いく状態でないストレスがものすごくて、なんも我慢できない自分にゾッとしてしまう。

子供が生まれた身近な人は、当たり前かもしれないけど当然のように子供を第一とした生活をしていて、子供どころか自分の親とも生活できない私は神様か何かにしか見えない。特に小さな子供が死なないように、さらには良き人間になるように目をかけているなんてものすごすぎる。もちろん子供だけでなく介護が必要だったり家のことができない同居人など、日々の生活で我慢が常にある人は本当にたくさんいるのだろう。

何らかの手当をあげて欲しい。

考えつく対処法としてはやっぱり他人と暮らすことかと思うけど、まあ難しいので自分以外の生きてるものを部屋に入れたい、植物とか。

あと先日あげたやることリスト100などでやると決めたことを、ちょうどいい感じに我慢して確実にやること。ちょうどいい感じなのがポイントと思う。

 

加えてどんどん頑なになっている自覚があり、人のことをどんどん許せなくなっている。自分だってちゃんとできてないことがたくさんあるし、直接被害を受けたりしたわけではないのに、怖すぎる。あなたのその行動、例えば傘を勇者の剣みたいに持つことなど、私はすごく嫌だと思っていますよという顔をしてしまう。突き刺されたわけでもないのに!

まあ勇者の剣みたいにもつのはほんと危険なのでやめてちょ

これこそが認知の歪みからくる感情だと思うので引き続き歪んでることを自覚して手帳に書いている治し方を見る、または思い出そうとすることが対処になると思う。怒りってパッと産まれるので歪んでることを思い出せないことが多い。他者への違和感即歪み意識、とできるよう思考の癖付けがしたい。

 

最近とても怖くてこの怖い気持ちを忘れるのも怖いしなんかもう怖いまま生きるのしんどすぎるのでなんとかしないとととっちらかった頭のまま思う様に書き散らしました。ちょっとかなりなに言ってるか分からないけけど、文章にすることでなにが怖いかよく分からないけどとにかく怖い状態からは脱せたし対処法も考えられた。正解かは分からないので適宜修正しないといけないけど。

アウトプットの重要性ってもしかしてこういうことですか?

良い人間になりたいなぁ