end of shite

虚無に向けての日記

もうgood night

職場が無音で辛気臭くてわたしのバイブスがしおしおだ。今朝通勤中聴いていたサチモスとってもかっこよかったから教えてあげたい。サチモスのめちゃくちゃにかっこつけたMVとても好き。

サチモスのボーカルはよくジャージを羽織っていてそれも好きだ。セケンノハテマデのモーちゃんみたい。わたしは同じような服をいっつも着ている人に異常に憧れている。アニメのキャラのようにいつも同じ格好ができたらいいのにとも思う。下着やタンクトップや靴下は特に同じものを複数揃えたくて定期的に一気に買う。これはわたしがあまりにもズボラで適当に掴んでもなんとかなるからだけど。しかしだめになる時一斉にだめになるので、そのタイミングでまとまったお金がなかったりするとちょいちょい安くなってるものを買い足したりして結局バラバラでカオスになってしまう、まさに今そう。

 

相変わらずお仕事いやいや期で、さぼりさぼりやっている。さぼりさぼりやっている自分も嫌だけど本気でやると嫌になり具合が半端なくて、面接まで受けて就業期間を伸ばしたのにあっさりやめてしまいそうでこわい。あと仕事量が少ないので果てしなく暇になってしまう。

ストレスチェックなるものを受けよとのメールが来ていたので受けた。受けることがもはやストレスと言えるくらいには設問が多く、回りくどい質問内容にもイライラした。非常にストレスフルでしかもそれを自覚しているとの結果だった、いやいや期なので仕方ない。落ち着くツボとか押して深呼吸とかしたらいいとのことでした。3月には無職になることがストレスの大きな要因の1つだけど、最高のストレス解消になるだろうなとも思う。

 

ずっと欲しいお財布があって、アッシュペーの文庫革のものなんだけど、こういうお財布を持っている自分、というセルフプロデュース感が鼻につきそうで買えない。そんなこと誰も気にしないのも分かっている。

 

久々にジムのサウナ入りに行った。好きな俳優がサウナにはまっているとのことでわたしもはまろうという目論見だ。たまにさらっとは入っていたけどきちんとお作法にのっとって、彼が言う超気持ちいい状態にわたしもなってみたい。早い時間の大浴場は程よく空いていて快適だった。多い時間は芋洗いとはこのことと言わんばかりの女体祭りになるから。でもシャワーのホースに穴が空いていてあらぬ方向に飛び散りまくるので大変だった。

サウナにはテレビがあり、太っていた人がこんなきっかけでこんなに痩せたよ、と言う番組をやっていた。太っていた頃役の役者さんが(同じ人が何度も出てきた)とても美味しそうにご飯を食べるので素敵で釘付けになった。わたしは美味しくなさそうに食べるらしいので、美味しそうに食べる人は輝いて見える。

サウナ、みんな知らない人だけどおっぱいや陰毛さえも見たことがある仲っていうのが面白い。アーケードを歩いていてどこかで会ったことがある子だと思ったらサウナでよく見かける子だったことがある。全裸のこの子しか知らなかったので、この子も服を着て生活しているんだなと超絶当たり前のことに気付いておかしかった。友達になりたいな。

3回くらいサウナ水風呂休憩を繰り返し、いろんなおっぱいを見て、超気持ちよくなった。多分全部の老廃物が出たのでつやぷりになったし、多分精神まで大丈夫になった。バカなのでサンダルで行ったけど、サウナ効果で少しも寒くなかった。備え付けのリンプー効果で髪はすごくボサボサになったけど。

ズンバ終わりの友達に会ったので、少しだけ焼き鳥を食べて少しだけお酒を飲んだ。週末は混み混みの焼き鳥屋さんもゆったりしていた。食べたいものだけピンポイントに、非常に理性的に食べた。いつもめちゃくちゃオーダーミスする可愛い男の子がブレザーで帰って行ったので、高校生だったのかとびっくりした。お酒のオーダーを間違えまくるのもしょうがないね、可愛いから許すねって話した。

サウナだけなら荷物もちょっとでいいので週一で行きたい、週一で超気持ち良くなりたい。

 

急激に寒いけど冬服が全て実家なので詰んでる。

来週は映画見に行こうかな。