end of shite

虚無に向けての日記

実録!30代独身OL勤務中のぐちゃぐちゃ脳内

単純作業中に陥りがちな思考のマイナススパイラルをひたすら打ち出しただけの見るに耐えない散文。

これぞまさに虚無の中の虚無。

 

▼▼▼▼

 

死んだ後なら鳥につつかれても熊に食べられてもなんなら死姦されても構わないけど生きている間は絶対に嫌だと思った。動物に食べられて葬られるのって自然の摂理に適っている気がしてきた。

 

なるべく人間に嫌われたくないし、なんならわたしはめっちゃ嫌いな人間もわたしのことを好きでいてほしい。

 

最近ずっと胃が痛い。わたしは他人のクリームシチューのような穏やかでまろやかな人生においての七味のような場違いなスパイスにしかなれないのがめちゃくちゃに悲しくなってきた。シチューはそれだけで激ウマなので。本当はブロッコリーくらい他人の人生に彩りと影響を与えたいまじで。誰かのナンバーワンでありオンリーワンなのってものすごいことなのでみんなもっと誇れ。

追記:ブロッコリーってそんなにシチューの中心的具ではないのでは

 

ちやほやされたいけど結局バカみたいになってしまうのでもっとお高くとまった方が良いのだろうか、例えば男に困ってない宣言するなど。(千葉のキャバ嬢が言ってた)

受動的な生き方をしてきているので、能動的に進化したい。自分の機嫌を自分で全力で取りに行くスタイルへと。結局は自分の価値を他人に任せているんだけど、重々承知しているし他に機嫌をとる方法が見つからないし焦っても仕方がないので、できることから少しずつやらないと。

〇〇さんの件で出来なくて落ち込んでいたけど他であっさりスルッとできて非常によかったので自信を取り戻した。まだまだやれる女なので。出来ない時は出来ないという学びを得たのでこれからはいたずらに落ち込まずにすむ。

 

タバコが値上がりするけどわたしの銘柄は500円の大台には乗らないみたいなのでカートンで買いだめするほどではないかなと思う。カートン買いはなんかダサい気がしてしまう。でも何箱かは買うと思う。それよりプルームテック併用し始めようかなと画策。

 

猫を見たり触ったりする人生はきっと素晴らしいと思う。猫を飼ったことがないので予想でしかないけど、わたしは猫がすごく好きで美しいと思っているので。その素晴らしい人生は自ら選択できるので、なるべく自分が素晴らしいと思える選択だけして生きていきたい。

 

朝起きた瞬間から仕事に行きたくないし、仕事中もいかに短時間勤務で生きるかをずっと考えている。逆に24時間仕事のことを考えているのでめちゃくちゃ仕事に囚われていて、ものすごく損している気がする。精神が摩耗している実感がすごくある。

自分を立て直さなくてはと突発的にネイルを予約した。単純にネイリストさんに会いたいというのもある。好きな人間に会うのは嬉しい。もともと副業先での知り合いなので飲みに行ったりしたいけど誘って良いのかわからない。自分のこういうところがだめな気がする。だめなところが日々たくさん見つかる、良いところも少しだけあるので愛してほしい。

追記:思い切って誘ったらぜんぜん良いよー!行こう!と言ってくれた。嬉しい

 

手帳を見たら好きな俳優の写真集のイベントで握手したのがたったの3週間前だった。あんなに幸せだったのにすぐに忘れちゃって胃が痛くなっているの、あまりにも燃費が悪くてあまりにも滑稽。

舞台とかイベントって強い刺激なので日常の小さな刺激に対して不感症になってしまうのかもと思った。

 

▼▼▼▼

 

来週もお仕事がんばります。