end of shite

虚無に向けての日記

僕にとっては太陽のような

先日友達とお酒を飲みに行った。

その子はお盆休みに入るということで、私は全然次の日も仕事だったけどしこたま飲んだ。

その子が昔働いていた小さなイタリアンで、適当に出してくれる食べ物は全部夢のように美味しかった。

2人ともタバコをアホみたいに吸うけど、その日は他のお客さんがたくさんいたので我慢しながらたくさん飲んだ。宝石のようなアジのカルパッチョを食べながら。

奥さんが飲みに出るのを嫌がるとのことで、お盆休みで実家に帰っている今がチャンスなのだとか。私も私みたいなわけわかんない女と飲みに行く夫いやだよって言いながら私はその子と飲みに行くの好きなので許したって〜とも思ったけど言わなかった。

気がついたら他のお客さんはみんな帰っていたので、お店の人もいっしょにアホみたいにタバコを吸いながらアホみたいに飲んだ。

その子もお店の人(ご夫婦)も、すんごい可愛い子が生まれて保育園に入れなかったり入れたりで大変なようだった。その子は子供が可愛く思えないって言ってて、でもカメラロールには馬鹿みたいにたくさん画像があったので可愛く思っているのでは?と思った。相変わらずアホだなぁ。

その子は全部自分の選択なんだから仕方がない、受け入れるしかないって言ってて、それは間違いなくそうなんだけど、それだけではあまりにも寂しいじゃないって思ったけどそれも言わなかった。

私は子供もいなくて結婚もしてなくてなんなら彼氏もいなくて全然分からなかったからでもあるけど。

ちゃんと仕事して結婚しろってずっと言って来るのでうるせーうるせー言いながらまたたくさん飲んだ。このセクハラモラハラ時代にこんなに結婚しろって言ってくるの親族くらいなのでなんか面白かった。

1時を回ったし酔いも回ったので帰ることに。ご好意で大変お安くしてもらえてめちゃくちゃ恐縮しながら帰った。

私はその子が好きでその子も私のことが好きだった時期もあるけども、お互いに顔が好みだっただけでお互いに性格が最悪だと思っていたし、なんなら今でも思っている。何年も連絡を取り合わなかったり、かと思えばめちゃくちゃ飲みに行ったり変な関係だ。

でもこんなに悪態をつけるのはその子くらいなので末永く飲み友達でいてください。

次の日死ぬほど二日酔いでしかばねのように働いた。